銀泉という保険会社の担当さんとお会いしました 

以前、他の所有物件の火災保険でお世話になった銀泉株式会社でしたっけ?の担当さんとお会いしました。


待ち合わせはなぜか図書館か太郎焼き(今川焼きみたいなもんです)の前という面白い指定。

他の職種の方とお会いするときは駅とか喫茶店かどっかで待ち合わせが多いのですが。。。。

この人の性格なのか保険屋さんみんながそうなのか分かりませんが、彼らはなるべく銀行の一部屋か公共施設などで会いたがります。

お客とお茶を飲んではいけないというルールでもあるのでしょうか?

火災保険業界の人教えて下さい。全く持って理解不能です笑。



では、話は本題の保険のお話。

銀泉さんの担当さんのお話をまとめると次のようでした。

?今回の物件は重量鉄骨作りなので、テナントの中に一つでもスナック・パブがあると、建物全体をスナックビルと判断する。必然的に保険金額が一番高いものになる。
RC造以上ならば階数でわけで保険金額を按配計算することはできる。

?建築確認書とかなばかりずを見ると準耐火構造ロ二なのでランクアップしてRCと同じ扱いができるかもしれない

?新価は五年が最長契約期間。15年とかの長期契約を望むなら時価評価の保険にしなくてはならない。

?銀泉の担当さんの経験から時価は支払の際に減額されるので、やはり万が一のため新価での契約がお勧め。


大体こんな話でした。

保険に関しては時価と新価いつも迷います。
皆さんはどちらにしていますか?

参考にご意見を伺わせてください。


私の場合は時価の物件もあり、新価の物件もあります。

または保険に入っていない物件もあります

全て自分でリスクをある程度見越して考えているつもりではあります。
でも、保険に関しては何が正解なのか分からないのでいつも迷います。

皆さんご経験・またはお知恵をお貸しください。

ブログランキング
不動産情報
[ 2008/04/16 09:48 ] 火災保険 | TB(0) | CM(12)

銀泉は旧住友銀行系の保険会社
銀行の店舗が入居しているビルを複数他
沢山の不動産を所有してます(GSパーキングとか)

[ 2008/04/16 10:50 ] [ 編集 ]

新築が1-3000万で可能なら時価。
5000以上なら新価。

ですね。
理由は、万が一のときの自分の資金調達力です。
[ 2008/04/16 14:19 ] [ 編集 ]

私も基本は新価です。
[ 2008/04/16 17:16 ] [ 編集 ]

時価です。
ちなみに昨日見た200万円の戸建が燃えると1200万入ります。
[ 2008/04/16 21:36 ] [ 編集 ]

当社は保険代理店もしていますが、自社のお客様の新築住宅のみ加入してもらっていますので、ソシアルはアドバイスしにくいですね。
難しいな~。
私なら時価ですが、人に勧めるなら新価ですねw
[ 2008/04/16 21:44 ] [ 編集 ]

新価にするか時価にするかは、総合的な判断によると思います。
万一の際、保険金の減額分が調達できないと予想されるならば新価です。
但し、新価にして事故が無ければ不正解、あれば正解となります。 
こればかりは、正解、不正解は無いと思います。
[ 2008/04/16 22:09 ] [ 編集 ]

匿名さん

不動産持ちなのですね。知りませんでした。だから保険もやっているのでしょうか。コメントありがとうございます。
[ 2008/04/17 09:30 ] [ 編集 ]

せくすいさん

なるほど~、そういう考え方もあるんですね^^勉強になりました。
せくすいさんともいつかお会いできたら良いなあって水戸大家さんとお話していました。
[ 2008/04/17 09:35 ] [ 編集 ]

takaさん

新価ですか。ありがとうございます。費用対効果という意味では新価でもいいかなって思うことが多いです。
[ 2008/04/17 09:36 ] [ 編集 ]

水戸大家さん

それなら燃えちゃって欲しいですね笑
時価でそこまで出るとはかなりいい買い物をしましたね^^あれはいい買い物ですよ。
[ 2008/04/17 09:38 ] [ 編集 ]

コンドウさん

人には新価で、ご自分だと時価。考え方はせくすいさんと同じでしょうか?自己資金調達力?
[ 2008/04/17 09:39 ] [ 編集 ]

アイディアルホーム さん

そうなんですよね。新価だと保険が下りたときには嬉しいですけど、もし保険が下りないとなると無駄金になるんですよね。
ソシアルの保険代はかなり高いので迷うところです。
[ 2008/04/17 09:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://socialbuilding.blog66.fc2.com/tb.php/116-e86c41c8