建物の基礎を火災保険では抜くことができるんですね 

火災保険会社の銀泉の担当のTさんから電話がありました

「お世話になります。銀泉のTです。」


「あ、お世話になります。星輝です。」


「先日の火災保険ですがどうしますか?」


「実は他の業者さんから出た見積もりがえらく安くて迷っているんです。五年で新価で98万円なんですよ。御社のは確か115万円でしたよね?」


「それはおかしいですね。ちょっと調べさせて下さい」


「いいですよ。よろしくお願いします」



数十分後。。。。。



「銀泉のTですが、先ほどの件分かりました。多分建物の基礎を抜かしている可能性が高いです。基礎を抜くと5%くらい安くなるんです」


「なるほどね?。そうなんですか。」


「私としては、掛け金の割にはお得なニッセイ同和をお勧めしますが。もちろん基礎を含めています」


「分かりました。もう少しお時間をください。結論を出したらこちらからご連絡します」



この後、自分でもいろいろ調べてみましたが、やはり見積もりを出してきたジェイアンドエスのAさんに直接聞くのが良いと思って連絡してみました



「こんにちは、先日火災保険の見積もりを頂きました星輝です」


「お世話になります。Aです」


「今回の日本興亜の見積もりの中には建物の基礎が入っていませんよね?」


「ええ、入っていません。」


「なぜ入れなくても良いと判断されたのですか?教えて下さい」


「私の過去の経験では大体今まで基礎を抜いて保険をかけていますし、今回の建物は重量鉄骨ですから、基礎まで全て燃えることは考えにくいという理由からです」


「なるほど。でも、ニッセイ同和と同じ条件で見積もりを見てみたいので、基礎を含めた見積もりを作ってもらえませんか?」


「もちろんいいですよ。基礎を含めると5%足せばいいので、、、、、五年間で105万円ちょっとになります」


「ありがとうございます。少し考えたあとこちらからご連絡しますので、少々お待ち下さい」



ということで、両者の保険代の差額の理由が分かりました
火災保険の金額を安くするためには基礎を抜く方法があるんですね。

常識なのかもしれませんが、私は全く無知なので知りませんでした。。。



そうそう、少し話題がそれるんですが、ちょっと面白かったことを一つ。

今回のニッセイ同和の火災保険の見積もりを銀泉が出すと

105万3360円/五年


ジェイアンドエスが出すと

105万1680円/五年


でした。

同じ保険を同じ条件で見積もりを出しているはずなのに数字が少し違ってくるんですね。

私の知らない何かが保険業界の中にもあるんですね。世の中は知らないことだらけで楽しいです^^

ブログランキング
不動産情報
[ 2008/05/01 00:35 ] 火災保険 | TB(0) | CM(16)

星輝さま
今まで、わからなくても、そのままにしてきた事が多いな・・・反省。
一応、保険の資格(確か15年くらい前取得で損保)あるけれど、使った事ないし、基礎部分の件も知りません ^^
[ 2008/05/01 04:59 ] [ 編集 ]

保険とかは勉強しないと、分からない事だらけですよねv-12
約款とかあの膨大な項目をすべて読んでる方も殆どいないでしょうし。。。
損保関係は、本当は保険請求出来たのに知らなかったが為に請求しなかったとかもよくあるみたいだしv-16
やはり、その道に詳しくて何でも相談できる方の人脈があるとないとでは違いますよねv-219
[ 2008/05/01 07:18 ] [ 編集 ]

同じような条件でも、各会社によって、金額が違いますよ。
当社は、東京海上日動と、あいおい損保の代理店をやっていますが、やはり微妙に違います。
ソシアルに使えるかどうかは、わかりませんが、セコム損保もいいですよ。
確かセキュリティーと保険をセットで申し込むと安くなるはずです。
間違っていたらごめんなさい。
[ 2008/05/01 10:44 ] [ 編集 ]

ホント世の中は知らないことだらけです。楽しみましょう。
いくつになっても勉強は楽しいですよね。
ブログ読んでるだけで勉強できた気になっております…。
[ 2008/05/01 11:29 ] [ 編集 ]

なるほどー!
微妙な差ですが代理店が違うと同じ保険会社でも差が出るのですね。
今度は合い見積も検討ですね。
基礎は燃えないですか。
でも、建物を建て直す場合、基礎を補修する必要があるかもしれませんね。(マンションはよくわかりませんが…)
基礎にも保険はかけるべきですよね。
[ 2008/05/01 18:07 ] [ 編集 ]

 基礎は燃えないといえば昔、火災に遭ったアパートを基礎だけ残して建替えた事があったなぁ。
 
 損保は本当に契約内容がわかりづらいですよねぇ。
身近な専門家を私も探しております。

 生保なら節税対策を含めた効率的な提案をしてくれる親しい
専門家がいるのですが。(地主、医者等の顧客を多数担当。栃木在住なので紹介可能かと。)

 ところ私もブログを始めました。時間のあるときにでものぞいて貰えると幸いです。
http://blog.goo.ne.jp/asada326/
[ 2008/05/01 18:55 ] [ 編集 ]

星輝さんのブログを読むといつも自分の無知さを思い知ります。いっぱい勉強しなきゃいけないことだらけだよー(泣)
[ 2008/05/01 20:59 ] [ 編集 ]

たろうさん

保険って皆さん良く分からないままみたいですよね。とりあえずお金を払っておけばよいって感じみたいです。
[ 2008/05/01 23:31 ] [ 編集 ]

やーこさん

おっしゃるように多くの方が損をしている場合があると思います。私も相談パートナーがいたら心強いなっていつも思います。
[ 2008/05/01 23:32 ] [ 編集 ]

コンドウさん

セキュリティーとセットって良いですね^^
検討の価値が大有りです。ありがとうございます。五月の末の予定はどうなっているのでしょうか?楽しみにしています。
[ 2008/05/01 23:45 ] [ 編集 ]

不動ゆり子さん

私もこの記事を書きながら知らないことって多いなあって感心しちゃいます笑
[ 2008/05/01 23:47 ] [ 編集 ]

水戸大家さん

私も基礎にも保険をかけたほうが無難なのかなって思いました。ただ、経験値が少ないので良く分かりません。保険のプロに教えて欲しいですね^^
[ 2008/05/01 23:48 ] [ 編集 ]

工務店さん

経験者のお声は非常に貴重です。基礎はやはり燃えにくいものなのですか?
火災の経験がないもので良く分かりません。。

栃木のご紹介の件ありがとうございます。私も何か貢献できたらいいのですが。
[ 2008/05/01 23:51 ] [ 編集 ]

ぴめ吉さん

私も知らないことだらけで日々お勉強です。色々教えてくださいね^^
[ 2008/05/01 23:53 ] [ 編集 ]

火災保険の基礎についてですが、
火災事故の際は、大きな火災になるほど火勢により
コンクリートが脆くなると言われています。
ですから個人的には基礎を含んで契約しておいた方が
良いと思います。
なお基礎を除くと保険料が安くなるわけではなく、
建物の評価金額(再調達価額)が安くなるだけです。
当然、保険金額(契約金額)が低くなれば保険料は
安くなりますが・・・

テクニックとしては建物評価金額を基礎を含んだ形で
調整するということも可能だと思いますよ。
[ 2008/05/02 09:28 ] [ 編集 ]

イグチさん

やはりそうですか。私も中途半端な保険をかけるなら何のための保険だか分からないと思うのである程度はしっかりかけておきたいと思います。

金額の調整とは新価の三割減までなら新価扱いになるって方法でしょうか?
[ 2008/05/03 11:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://socialbuilding.blog66.fc2.com/tb.php/129-9c0974e0